当協会について

当協会は、(公社)日本山岳ガイド協会の正会員団体として、フリークライミングにおける安全管理技術や登攀技術、指導方法に関する調査、研究、啓発活動を行い、そのフリークライミングインストラクターたる会員の資質向上を図り、安全なフリークライミングの普及と発展、及びその文化の継承と社会的認知の推進などを目的としています。

事業

・ フリークライミングインストラクターの資格昇級、更新のための研修・講習
・ フリークライミングの安全管理技術に関する研究及び標準化と普及啓発事業
・ フリークライミングエリアにおける自然環境の保全活動とそのために必要な整備
・ 青少年のフリークライミング活動の支援事業
・ 災害時の救難救援活動
・ その他、この協会の目的達成に必要な事業

沿革

2013年 (公社)日本山岳ガイド協会のフリークライミングインストラクター(以下FCI)部会に
個人加入していたFCI資格保持者21人で2013年4月に発足。
その後、一名加入し会員数は合計22名となる。
2014年 17名が新規加入ほか。会員数合計37名となる。
2015年 4名が新規加入。会員数合計41名となる。
2016年 2名が新規加入。会員数合計43名となる。
2017年 3名が新規加入、2名が退会し、会員数合計44名となる。